2019年4月23日火曜日

【No538】明日は技術士二次試験受験申込書の提出期間最終日です。


こんにちは、技術士@機械総監の赤星(hiro-PE)です。

いよいよ、明日は技術士二次試験受験申込書の

申し込み期限です。

明日(24日)までの消印有効です。

あきらめずに申し込みましょう。

------------------------------------------------------------------------------------------------

その悩み解決します!!



筆記対策講座は満員になりました。



技術士取得で自己実現

技術士Lock-On 二次試験対策講座(関西)はこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------

毎年、締め切り1週間前に

駆け込みがあります。

1週間ではどうにもならないのですが、

最低限の体裁だけは整えることはできます。

それは「業務が解るレベル」程度。

業務の棚卸が不十分な人ほど、駆け込みする傾向にあります。

でも、駆け込むだけましだと思っています。

結局提出しなければ、

1年間は何も進まない状態ですから。

結果、来年も同じことをする、

つまり技術士の名称は

「必要ない」のです。

もし、結果的に駆け込みで願書さえ出していれば

受験はでき、合格する可能性はあります。

いまから、「合格する」という意思で、

技術士になるための取組を再考してください。

「勉強」ではなく、

「業務の取組」を見直してください。

その中から、知識を吸収し、

アウトプットをしてください。

このアウトプットこそが

「技術士受験対策」

です。

今からでも遅くありません。

必ず提出すれば、

不本意な受験申込書であったとしても

口頭試験の時、私が合格へ導くフォローをします。

安心して提出してください。

毎年、苦労しますが

一緒に頑張りましょう!!!

------------------------------------------------------------------------------------------------

その悩み解決します!!


筆記対策講座は満員になりました。


技術士取得で自己実現

技術士Lock-On 二次試験対策講座(関西)はこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------

2019年4月22日月曜日

【No537】技術士試験は、業務で一歩一歩考動することの強み


こんにちは、技術士@機械総監の赤星(hiro-PE)です。

技術士とは・・・

技術士法にある第1条と2条を満たす技術者のこと。

業務の適正を図ることこそが、技術士であると書いています。

それが、国民経済発展と科学技術の向上に資することなのです。

業務で、一歩一歩考えて動くこと・・・こそが求められています。

------------------------------------------------------------------------------------------------

その悩み解決します!!



技術士取得で自己実現

技術士Lock-On 二次試験対策講座(関西)はこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------

高い専門性を持つだけでは

「技術士」の名称はもらえません。

技術士の目的に資することができる技術者が

その名称を名乗れるのです。

では、「高い専門性」以外に何が必要なのか?

それが技術士の資質能力(コンピテンシー)なのです。

だから、「技術士を名乗っていいよ・・」という判定をする

技術士試験では、このコンピテンシーを

評価指標にして合否判定をします。

なぜなら・・・・文科省より下記のコメントがあります。

「技術の高度化、統合化等に伴い、

技術者に求められる資質能力はますます高度化、多様化している。

これらの者が業務を履行するために、

技術ごとの専門的な業務の性格・内容、業務上の立場は様々であるものの、

(遅くとも)35歳程度の技術者が、技術士資格の取得を通じて、

実務経験に基づく専門的学識及び高等の専門的応用能力を有し、

かつ、豊かな創造性を持って複合的な問題を明確にして解決できる

技術者(技術士)として活躍することが期待される。

このたび、技術士に求められる資質能力(コンピテンシー)について、

国際エンジニアリング連合(IEA)の

「専門職としての知識・能力」(プロフェッショナル・コンピテンシー、PC

を踏まえながら、

以下の通り、キーワードを挙げて示す。※ここでは、省略します。

これらは、別の表現で言えば、技術士であれば最低限備えるべき資質能力である。

 技術士はこれらの資質能力をもとに、今後、業務履行上必要な知見を深め

技術を修得し資質向上を図るように、十分な継続研さん(CPD)を行うことが求められる。」

「活躍することが期待」に注目してください。

技術士が活躍する場所・・・

「業務」です。

だから、コンピテンシーをもって、

考動すること。

これが、合格への近道なのです。

------------------------------------------------------------------------------------------------

その悩み解決します!!



技術士取得で自己実現

技術士Lock-On 二次試験対策講座(関西)はこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------

2019年4月21日日曜日

【No536】技術士は絶対に業務に追われてはいけない!その理由とは?


こんにちは、技術士@機械総監の赤星(hiro-PE)です。

業務に追われると未来が見通せなくなる!!からです。

技術士は、「評価」をしなけれなりません。

そんな状態で評価できますか?

------------------------------------------------------------------------------------------------

その悩み解決します!!



技術士取得で自己実現

技術士Lock-On 二次試験対策講座(関西)はこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------

評価とは、

「業務遂行上の各段階における結果、

最終的に得られる成果やその波及効果を評価し、

次段階や別の業務の改善に資すること。」

です。

業務の追われると、

計画が曖昧なまま、

実行フェーズへ行きます。

うまくいけば終了。

よくありがちですね。

評価とは、

「計画⇒実行⇒検証⇒是正」

いわるゆる「PDCA」サイクル

をして、現状業務の結果を評価するだけでなく、

次業務等へ活用していくことが求められています。

技術士は、業務の成果に再現性を求められます。

再現性とは、異なる問題があっても

同じ成果を上げ続けることです。

そのような人材が求められているから、

受験生の方は意識しておきましょう。

------------------------------------------------------------------------------------------------

その悩み解決します!!



技術士取得で自己実現

技術士Lock-On 二次試験対策講座(関西)はこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------

2019年4月20日土曜日

【No535】技術士試験を「楽しむ」唯一の方法


こんにちは、技術士@機械総監の赤星(hiro-PE)です。

技術士受験を楽しむには、

業務で活用するキーワードのみを深く調べて理解し

業務で応用すること。

そうすれば、キーワードに触れている時間が増えることで、

時間的余裕が生まれるからです。

------------------------------------------------------------------------------------------------

その悩み解決します!!



技術士取得で自己実現

技術士Lock-On 二次試験対策講座(関西)はこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------

業務で使用する部門と科目のキーワードのみを抽出すれば、

業務上必要な調べ事かつ、業務の成果を上げるという

最高の結果を生みます。

専門的知識というコンピテンシーには、

・技術士が専門とする技術分野(技術部門)の業務に必要な、

技術部門全般にわたる専門知識及び選択科目に関する専門知識を理解し応用すること。

・技術士の業務に必要な、我が国固有の法令等の制度及び

社会・自然条件等に関する専門知識を理解し応用すること。

と書いています。

①部門

②科目

③我が国固有の法令等の制度

④社会・自然条件等に関する専門知識

を業務のメインテーマに当てはめて深堀してください。

①部門でも業務には、流体や熱が必要な知識としてあります。

乱流・境界層剥離・輻射・熱伝達など・・・です。

②科目は、機械設計ならFMEA,FTA,QFD、CAEなど・・・

③は、検査規格(ISO、JIS、業界特有のもの)。

④は、IoT、AIまたは、CO2排出低減など・・

これらキーワードの定義と利用(応用)事例を作成すれば

立派なキーワード集です。

業務での漏れや知識漏れもなくなり、

実践的でかつキーワードの応用になります。

必要な知識は、体系的に広がります。

1つのキーワードが2,3つながり、

最後は数百の枝葉になります。

これがキーワード学習の本来の意味です。

まだ、机の上だけの記憶のキーワード学習を

していますか?

------------------------------------------------------------------------------------------------

その悩み解決します!!



技術士取得で自己実現

技術士Lock-On 二次試験対策講座(関西)はこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------

2019年4月19日金曜日

【No534】技術士試験はキーワードの丸暗記は意味がない!!


こんにちは、技術士@機械総監の赤星(hiro-PE)です。

限られた時間で技術士の名称を名乗るための

筆記試験

口頭試験

を乗り切るには、

「丸暗記ではなくイメージやストーリーを活用する」

ことをおすすめします。

学生時代の「勉強」=「丸暗記」では通用しないのが技術士試験です。

部門・科目のキーワードを活用してこそ、

意味を成すのです。

丸暗記は、無意味なのです。

その学習方法・・・まだ暗記中心ですか?

------------------------------------------------------------------------------------------------

その悩み解決します!!



技術士取得で自己実現

技術士Lock-On 二次試験対策講座(関西)はこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------

「業務の適正を図る」ために

「丸暗記」をする????

おかしいですね。

私は、勉強が嫌いです。

なぜなら、無意味な「暗記」が

「勉強」と思っていました。

学校に行くためにやるべきこと・・・

その程度でした。

だから、成績も中の下。

今でも暗記は嫌いです。

しかし、実務で必要な

知識は確実に活用できるまで深堀りしています。

なぜなら、活用できれば

「成果」

が見えるから。

私は社会人になってから、

「勉強」ではなく

「活用」を目指います。

成果が出たほうが

楽しいからです。

「勉強」の成果は、

○○大合格!!

といった、価値が社会の価値でしかありません。

自分価値が欲しい私は、

「業務の成果」

には興味がありますが、

「勉強の成果」には興味が薄いことが

最近わかりました。

「成果にこだわる」ための活用すべき

キーワードが重要です。

無作為に「試験に必要だから」・・・

といって集めて覚える時間を作っても

大体、頓挫します。

なぜなら、成果が見えないから。

技術士になった後の成果がないから・・・

技術士は名称を取得してからが大事な資格です。

業務の適正を図り、もって・・・

あなたは、今の考え方で

出来そうでしょうか?

------------------------------------------------------------------------------------------------

その悩み解決します!!



技術士取得で自己実現

技術士Lock-On 二次試験対策講座(関西)はこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------

2019年4月18日木曜日

【No533】技術士論文は、キーワード学習をすればするほど書けなくなることがあります。


こんにちは、技術士@機械総監の赤星(hiro-PE)です。

雑学が多いほど、たくさんのことを書こうとします。

雑学とは、専門とする事項で解決するために不要な知識です。

本当に必要な知識を深堀して、

活用できなければ「雑学」です。

雑学で知った知識ほど、上辺の内容となり

せっかくの専門性を薄くさあせてしまします。

だから、論文が思うように評価されないのです。

------------------------------------------------------------------------------------------------

その悩み解決します!!



技術士取得で自己実現

技術士Lock-On 二次試験対策講座(関西)はこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------

技術士論文に重要なのは、

「コミュニケーション」

です。

受験生の専門性を前面に出して、

深みのある(科目の意見と根拠)

回答が重要です。

キーワード学習のポイントは、

①業務に関係する選択科目の知識を深堀する。

②科目で重要なキーワードは、定義を押さえる。

③部門・科目の展望を理解して専門とする事項の展望を考える。

④社会が求めている状態を知り、結論・意見・根拠を部門・科目で考える。

です。

①~④のキーワードを各項目のレベルに合わせた深さでまとめること・・・

これが技術士論文を書けるようにする

最高のキーワード学習です。

①は実務上必要ですし、

使いこなせれば、実務の成果は上がります。

②③は、試験寄りの対策ですが、

ご自身の業務の「未来」を考えるいい機会です。

④は技術士に求められている最重要な項目です。

白書・ものづくり系など業界の雑誌を読みまとめること。

これならできそうにありませんか?

------------------------------------------------------------------------------------------------

その悩み解決します!!



技術士取得で自己実現

技術士Lock-On 二次試験対策講座(関西)はこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------

2019年4月17日水曜日

【No532】技術士試験は知名度のある実績が知りたい試験ではない!!


こんにちは、技術士@機械総監の赤星(hiro-PE)です。

技術士試験で確認をするのは、

「継続的に業務の質を維持・向上できる人材かどうか」

です。

業務の結果が世界でどのレベルかどうかは関係ありません。

------------------------------------------------------------------------------------------------

その悩み解決します!!



技術士取得で自己実現

技術士Lock-On 二次試験対策講座(関西)はこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------

業務は、プロジェクトとして組織で行います。

研究でもそう。

一人がすべてやるコトはないです。

協力者がいて、成果を出すのです。

業務は、毎日、毎時間、毎分・・・

課題が変わったり

問題が増えたり

複雑化します。

一筋縄ではいかない・・・・

だから、チームでの課題解決を行います。

その中のリーダーが技術士であり、

どんな業務課題や問題が起きても

毎回同じ品質で解決できる人材が

社会には求められています。

それが技術士です。

求められていることを

履き違えている受験生がいます。

だから、業務報告を書いて

「技術士業務の詳細」

とする受験生が多いのです。

求められているのは、

「結論」

「意見」

「根拠」

の論理的思考や

課題抽出

問題発見

その解決する工夫が

科目と部門とマッチングしているか?

だけです。

まだ見直しができます。

その受験申込書・・・・

提出してから後悔しませんか?

------------------------------------------------------------------------------------------------

その悩み解決します!!



技術士取得で自己実現

技術士Lock-On 二次試験対策講座(関西)はこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------

2019年4月16日火曜日

【No531】技術士試験は業務の振り返りするレベルで決まっている。


こんにちは、技術士@機械総監の赤星(hiro-PE)です。

技術士は、「技術士業務の適正を図り、もって・・・」

という技術士法第1条があります。

業務の適正を図るには、

「振り返りの質」

が重要です。

なぜなら、質が高いと

適正が「見つかる」のではなく、

「気がつく」

「認められるようになる」

ものだと考えてます。

見つかるだけでは、本質が見抜けないのです。

だからいつまでたっても

「プロ意識」が持てないのです。

------------------------------------------------------------------------------------------------

その悩み解決します!!



技術士取得で自己実現

技術士Lock-On 二次試験対策講座(関西)はこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------

技術士は「プロフェッショナルエンジニア」です。

技術のプロ(技術でお金をもらう人)です。

プロである以上、

自分の業務である

「専門とする事項」

「選択科目」

「部門」

の適正の質にはこだわるべきです。

それには、過去や現在進行形の

「振り返りの質」を高める訓練が必要です。

そして、未来の予測をしていくことで、

技術士に求められる、

「評価」

が示せるようになります。

本当に今の振り返りで十分なのか?

業務経歴詳細の棚卸を再度してください。

実際に行った解決策の着眼点が

専門的なのか?

技術的な根拠はあるのか?

など・・・・

この振り返りの質を落とすと、

11月以降の口頭試験で残念な結果を

自らが呼び込むだけです。

見直す勇気!!

今からでも遅くはありません。

------------------------------------------------------------------------------------------------

その悩み解決します!!



技術士取得で自己実現

技術士Lock-On 二次試験対策講座(関西)はこちらから


------------------------------------------------------------------------------------------------