2018年8月17日金曜日

【No.288】 先走り!?平成31年度技術士二次試験対応~二次試験の受験申込・再度技術士業務とは!?~


技術士「Professional Engineer」とは・・・技術士会HPより抜粋します。

「技術士」は、産業経済、社会生活の科学技術に関する

ほぼ全ての分野(21の技術部門)をカバーし、

先進的な活動から身近な生活にまで関わっています。

 また、「技術士」は、国によって科学技術に関する

高度な知識と応用能力が認められた技術者で、

科学技術の応用面に携わる技術者にとって

最も権威のある国家資格です。

 さらに、「技術士」は、「技術士法」により

高い技術者倫理を備え、

継続的な資質向上に努めることが

責務となっています。

「技術士制度」誕生の背景

 第二次世界大戦後、荒廃した日本の復興に尽力し、

世界平和に貢献するため、

社会的責任をもつて活動できる権威ある技術者

が必要となり、

米国のコンサルティングエンジ二ア制度を参考に

「技術士制度」が創設されました。

 1951614日には、日本技術士会設立総会が開かれ

日本技術士会が誕生し、

技術士の資格検定及び登録も行うこととなった。

「技術士法」

 技術士法は、1957520日に制定されました。

技術士等の資格を定め、その業務の適正を図り

もって科学技術の向上と国民経済の発展に

資することを目的としています。

ここまで・・・・

ポイントは、6つ。

1)科学技術の応用面に携わる技術者

2)高い技術者倫理

3)継続的な資質向上に努める

4)社会的責任をもつて活動できる権威ある技術者

5)業務の適正を図り

6)もって科学技術の向上と国民経済の発展に資することを目的

まとめると、

「科学技術に関する業務の適正を図り、

高い技術者倫理と

社会責任のもとで、

科学技術の向上と国民経済の発展に資する

取り組みをするために、継続研鑽できる技術者」

です。

業務の適正化ができることを示し、

高い倫理観、社会的責任を認識できる

筆記論文や業務経歴票の内容があり、

かつ、科学技術の向上と

国民経済発展に資することが可能と

判断できる内容にする。

その内容は、

部門・科目の

高等の専門的応用能力

であり、

業務遂行能力である

と考えます。

技術士業務とは、

業務がベースです。

実行力なければ意味がありません。

これが一般の資格試験との

大きな相違なのです。

2018年8月15日水曜日

【No.287】 先走り!?平成31年度技術士二次試験対応~二次試験の受験申込・専門とする事項はあなたの名刺!?~


今日も、専門とする事項について述べていきます。

専門とする事項は、技術士取得後は

どこにも記載することはありません。

名刺に記載するのは、「部門」までです。

では、受験時に

なぜ、専門とする事項を具体的に記載するのかについて述べます。

ずばり、

「口頭試験時の名刺」

です。

あなたの経歴を

一言で表した内容が

この専門とする事項です。

口頭試験は、試験官と初対面となります。

業界が狭いと、お会いしたことのある人も

試験官にいたようですが、

おおよそ、初対面のはず。

会社でも名刺交換するとき、

○○会社、××部の△△です。

という風に名乗ります。

その「○○」であり「××」です。

何を専門として取り組んできたのか?

そのキャリアの根拠は?

専門家としての部門・科目の応用能力は?

など・・・

口頭試験の最初のトリガーとして使われます。

だから、できるだけ得意なことを

わかりやすく伝える書き方が重要です。

口頭試験では、

「専門とする事項は◎◎です」

といちいち説明しません。

試験官はその記載1つを起点に、

想定質問してきます。

それが、選択科目や部門とのズレ

があれば、即不合格です。

専門とする事項は、口頭試験の名刺になります。

大事に作り上げてください。

企業や組織でいう

「顔」

ですから。

2018年8月14日火曜日

【No.286】 先走り!?平成31年度技術士二次試験対応~二次試験の受験申込・オリジナルな専門とする事項はOK!?~


口頭模擬試験でよくある

「なんで?」

1つは、

専門とする事項を

専門でない内容で記載する人です。

例えば、機械部門-機械設計科目でよくあるのが、

「設計工学」

です。

企業でお勤めの方で、

設計工学を系統的に

用いているのは、

一部の企業です。

本当に設計工学を課題解決のメイン

となるモノでかつ、

型として活用が十分されているのであればいいのですが、

大体、会社のルールどまりが多いはず。

本当に専門である設計工学の知識と経験を活かして、

高等の応用能力を発揮した業務になるのでしょうか?

設計工学は重要ですが、業務上での課題解決プロセスの

ツールやルールであり、なかなか技術士法の第1条に資する

取り組みが具体的にできない方が多いと考えます。

十分にできる方は構いませんが、

ご自身の業務の

「コア技術」

「型」

を踏まえた

「専門とする事項」

をオリジナルで作成してください。

不安であれば、

技術士への相談

又は、技術士会への問い合わせをしてください。

平成31年度は科目再編されます。

選択科目の内容も大きく変化します。

内容は、技術士会HPにあります。

専門とする事項の方向性を確認するために

利用してください。

そのまま当てはまれば、それでも結構です。

例えば、建設部門-鉄道にある

「新幹線鉄道」

です。

参考にHPアドレスを記載しておきます。


No279で「科目表はまだ」と記載しましたが誤りでした。

失礼しました。

2018年8月13日月曜日

【No.285】 先走り!?平成31年度技術士二次試験対応~二次試験の受験申込・合格しやすい科目選択の選定をするには!?~


何度も書きますが、

「コア技術」

「型」

「なりたい自分」

を考えた選択です。

何回も書くのは、重要だからです。

毎年、口頭試験前の指導時に、

「受験申込時、技術士の指導うけたの?」

という人が必ずいます。

そこで、個別相談を開催します。

方法は、SKYPEのみです。

先着3とします。

時間は30分間

当然、無料。

日時は、個別で設定しますが、

基本、休日(土日)午前です。

限られた時間しかないので、

相談候補として、

1)受験科目の相談

2)受験準備の相談

3)口頭試験までの過ごし方

4)その他(30分で解決できる内容)

とします。

連絡フォームより、

上記番号を記載して、

連絡ください。

受付期間は、8月いっぱいとします。

9月以降、順次日程設定します。

楽しみにしておりますので、

是非、活用ください。

2018年8月12日日曜日

【No.284】 先走り!?平成31年度技術士二次試験対応~二次試験の受験申込・部門選択を決めるには!?~



業務経歴と部門・科目の一貫性が重要です。

まずは、業務の棚卸を十分にしてください。

安易な部門・科目設定は後悔します。

No76No81でも記載していますが、

迷いが合格する時期を遅らせるだけでなく、

受験すらあきらめてしまいます。

十分に考えてください。

では、迷いはどのようにすればなくなるのでしょうか?

例を書きます。

①業務を俯瞰して、冷静に見返す

②筆記試験の問題を見て、応えられそうなキーワード

 をいくつあるか調べる。

③そのキーワードをまとめるとき、

 楽しい、苦労しないか?

を行ってください。

①は、棚卸の業務プロセスでおこなた

部門や科目の専門性を

色眼鏡なしに見ること。

これが重要です。

多分、事前に科目や部門は

当たりをつけていることでしょう。

しかし、それを忘れて見直してください。

②は今後の受験対策の苦労度が変わります。

苦手やイメージしにくい科目は

筆記試験前に苦労します。

これは経験からも実感しています。

今までの経験と好き嫌いで

選定してください。

③は②同様、苦労度に影響します。

口頭試験まで1年以上あります。

今年中に、選択科目までを

決めてください。

そして、年明け早々には

キーワード集めなどの準備ができるように

しましょう。

なお、平成31年度からは、

科目統合があります。

統合された科目の問題もみて、

対応できる科目かどうか・・・

よく見ておくことが重要です。

科目統合の内容は下記の通りです。

※「平成31年度技術士試験の概要について」抜粋



2018年8月11日土曜日

【No.283】 先走り!?平成31年度技術士二次試験対応~二次試験の受験申込・部門・科目選択の失敗!?~


皆さんは、部門や科目の選択を迷ったことありませんか?

部門はそうはいないと思います。

しかし、科目はどうですか?

例えば、機械部門の熱工学と流体工学。

伝熱の3要素には、流体も関係します。

学術的には、分割できますが、

実務的にはどうでしょう・・・・

そうです!!

複合していると思います。

さらに、流体の質が変われば、

樹脂・金属材料、化学反応など・・・

様々な分野、科目に分かれて

実務はされているのが現実です。

そのため、ご自身の関係する

分野や団体のかかわりが大きい

科目で受験を考えるようになります。

例えば、半導体製造装置。

半導体は、電気電子、化学機械、熱、流体、材料など・・

専門が多岐に分かれます。

後工程で成膜するプロセスであれば、

熱工学でもいいです。

化学でもいいです。

結局、

1)あなたの課題解決に用いたコア技術

2)コア技術、つまり「型」は何か?

3)その知識・経験をもって、将来は何になるのか?

を軸に決めてほしいです。

経験上、安易な科目選択は

年に1回の受験機会を無駄にします。

棚卸の要素に、

「コア技術」

「型」

「なりたい自分」

を考慮してください。

そして科目選択をしてください。

2018年8月10日金曜日

【No.282】 先走り!?平成31年度技術士二次試験対応~二次試験の受験申込・受験資格要件!?~


技術士になるには、

どの部門でもいいので、

一次試験を合格するか、

JABEE認定の学校を卒業する

ことが必要です。

2つのうちのどちらかで、

「技術士補」

となる資格を有することになります。

更に、下記のいずれかに該当しなければなりません。

1)技術士補として技術士を補助したことがある者で、

その補助した期間が通算して次に定める期間((2)

期間を算入することができる。)を超える者。

・総合技術監理部門を除く技術部門 4

・総合技術監理部門 7

2)科学技術(人文科学のみに係るものを除く。)に関する

専門的応用能力を必要とする事項についての

計画、研究、設計、分析、試験、評価(補助的業務を除く。)

又はこれらに関する指導の業務を行う者(1)の監督(2)の下に

当該業務に従事した者で、

その従事した期間が技術士補となる資格を有した後、

通算して次に定める期間((1)の期間を算入することができる。)

を超える者。

・総合技術監理部門を除く技術部門 4

・総合技術監理部門 7

(1)7年を超える業務経験を有し、

かつ受験者を適切に監督することができる職務上の地位にある者。

(2)受験者が技術士となるのに必要な技能を修習することができるよう、

指導、助言その他適切な手段により行われるもの。

3)科学技術(人文科学のみに係るものを除く。)に関する

専門的応用能力を必要とする事項についての

計画、研究、設計、分析、試験、評価(補助的業務を除く。)

又はこれらに関する指導の業務に従事した期間が

通算して次に定める期間を超える者。

・総合技術監理部門を除く技術部門 7

・総合技術監理部門 10

(既に総合技術監理部門以外の技術部門について

技術士となる資格を有する者にあっては7)

なお、(1)(3)のいずれにおいても学校教育法による

大学院修士課程(理科系統のものに限る。)

若しくは専門職学位課程(理科系統のものに限る。)を修了し、

又は博士課程(理科系統のものに限る。)に在学し、

若しくは在学していた者にあっては、

2年を限度として、

当該期間からその在学した期間を減じた期間とする。

※技術士会HP「平成30年度 技術士第二次試験の実施について」抜粋



多くの受験生は(3)であろう。

技術士は約8万人いる。

多くが、企業内技術士。

合格平均年齢40歳前後から考えて、

初受験は、大学卒業後7年は経っている

人が多い。

若い人、例えば27,28歳でもいるが、

大学院2+実務5年が多い。

今まで、受験まで2年あるので

どんな試験か知りたいという人にもあった。

一意見ではありますが、

技術士は年齢が若いうちに取るべき資格です。

理由は、

1)経験の吸収の仕方が異なってくることで、

240代以降の技術とのかかわり方やマネジメントに一目置かれ、

3)個人のブランド構築が進むことで、

4)自由な職業選択が可能になる。

です。

20代は、経験と知識の融合をすることが重要です。

過去からも同じです。

しかし、視点が課題解決の

近視眼的でかつ対処療法でない方策を

提案できる技術士は、

試行錯誤をする時間を

短くしてくれます。

その経験は、後継者育成だけでなく、

組織の継続的発展をもたらします。

つまり、出世します。

組織の様々なしがらみを無視すれば、

出世しないとおかしいでしょう。

人生の選択肢を広げるための資格として、

技術士は有効だと考えます。

話しを本題に戻すと、

どうして受験資格要件があるのか?です。

単に、

「社会で通用する専門知識の活用は、

実務経験でしか得られないから」

だと考えます。

その期間の設定が

一般部門4年、

総監7

なのでしょう。

ただし、単なる経験者では、

一般部門7年、

総監10

となっています。

技術士の管理監督下であれば

短期間となります。

技術を使いこなす能力は、

指導者の力量に大きくかかわる部分でもあります。

当然、自らの力量や精神も重要です。

受験を考える方は、

自らの力量や精神はお持ちでしょう。

だから、外的環境である

監督官の違いで期間が異なっているのです。

でも、上司は選べません。

個人の力量UP、精神を他者へ依存して

成長をする方法があります。

それが、技術士受験仲間であり、

我々講師陣です。

内部環境に疲弊せず、

外部環境をうまく使い、

本当の要件

「社会とのつながりを表現できる技術者」

を満たして、

技術士となってください。

2018年8月9日木曜日

【No.281】 先走り!?平成31年度技術士二次試験対応~二次試験の受験申込・口頭試験との関係!?~


口頭試験は、以下の内容です。

受験者の技術的体験を中心とする経歴 の内容及び応用能力

技術士としての適格性及び一般的知識

20分で上記の内容について問われます。

業務経歴は「Ⅰ」で資料として用いられます。

経歴の内容については、

①部門・選択科目との合致

②応用能力

です。

①は、No280でも述べたことを確認されます。

1つ注意点があります。

それは、

業務5つともが

部門と科目と一致する必要がないこと。

最近の業務2つまたは

3つは合致してほしいですが、

他は、他の科目または部門で

専門的応用能力を発揮した業務

つまり、幅広い業務を経験し、

今は、○○の専門家として

活躍します!!

という流れができればいいのです。

私も転職2回しています。

やっている業務は様々です。

機械設計だけではありません。

機械以外のこともしました。

それらを含めた経験をもって、

機械設計の技術士として

認めてほしい!!

という思いで経歴を作りました。

皆さんもこの

「思い」をもって

選択科目や部門を決めてください。

②は業務プロセスが

部門・科目の専門知識と

業務の専門知識と経験から

合理的に導かれているのか?

という課題解決能力と

それを実行する能力が

他の業務にわたって継続的に行える人材か?

を問われます。

産業界で

技術士の地位向上をするには、

成果を上げることです。

そのためには、

いち業務だけでなく、

継続的に成果を上げる

合理的でかつ論理的な

思考能力と実行する能力、

行動力が重要です。

だから、成果には

展望も重要なのです。

業務経歴720文字しかありません。

たった720文字で①②を確認するのです。

だから、わかりやすく書くことが

大事なのです。

時間があれば、トコトン聞けばいい。

しかし20分しかない中で、

いかに技術士の資質を

確認してもらえるかがポイントです。

しっかり準備したもの勝ちです。

業務経歴票の大事さを再認識してください。

2018年8月8日水曜日

【No.280】 先走り!?平成31年度技術士二次試験対応~二次試験の受験申込・詳細テーマ選定!?~


棚卸と部門・科目選定がおおよそ終われば、

経歴票に書く720文字のテーマを選定します。

また、経歴5行にまとめる時にも使えます。

テーマ比較の注意点としては、以下になります。

①思い入れで決めない。

 賞を取った、一人でやり遂げた(達成感)など、

 様々な思いがあるでしょう。

 思い入れがあるから、他の人が見ても

 「すごい」と感じてもらえる・・・

 というのはNGです。

 問われているのは成果でなく、

 部門や科目の専門家であり、

 それを応用した専門とする事項の

 第一人者であることを知りたいのです。

②成果が目立つもので決めない。

 ①同様です。

 社長賞などの功績で決めないこと。

 一企業での成果も重要ですが、

 それはチームで成し遂げたこと。

 その中で主体となり、かつ

 技術的な課題解決策を

 専門知識を用いて

 応用したことで解決したことを

 示すことを忘れないでください。

③主体的でないものは選ばない。

 ②のように企業での功績は、

 チームになります。

 それを達成するために

 技術的な課題があったと思います。

 その中で主体となったことは何か?

 それが小さなことでも、

 プロジェクトには重要なのです。

④できるだけ近々の業務を選ぶ。

 あまり古いと、今の業務について

 聞きたくなります。

 技術士相応のことを

 今はしていないのか?

 なぜ、この古い行なのか?

 など・・・

 疑念を持たれて、

 20分という短い時間で

 加点することに足を引っ張る

 ような行為になりかねません。

⑤アピールポイントがわかりやすい。

 コンピテンシーにあるコミュニケーション能力です。

 「技術士って何か知ってますよ!」

 がストレートに書いている論文が

 わかりやすいのです。

⑥効果が社会とのつながりをイメージしやすいこと。

 会社の評価≠社会の評価

 です。

 会社の評価は、一つのプロジェクトに関する評価です。

 技術士は、再現性を求めます。

 異なる課題に対しても

 同等の成果を上げることが重要です。

 そのような技術者を技術士として

 認定する試験なのです。

⑦部門・科目とのつながりが明確で、創造性がある。

 当然、選択した部門と科目に相違があると、

 資質はあっても能力について合致しないとされます。

 もったいない話です。



細かく書けばもっとありますが、

この程度を考えてください。

選定として

例えば、

①~⑦を5点満点とし

合計点数の高いもの1,2番を

候補にする、というのもありです。

指向性分析です。

数字の根拠は

主観的になりますが、

できるだけ、何回も見直してください。

このような作業は今しかできません。

3月になってからは

全く余裕がなくなります。

しっかり準備をしておくように。